切らずに治す 子宮筋腫

アモルクリニック 児島孝久 医師

子宮温存と筋腫の根治を目指す「切らない治療法」
子宮筋腫は良性の腫瘍なので、症状がなければ定期的に経過を見れば特に問題はありません。ただし、月経痛や出血量が多い過多月経、貧血などの症状を伴っていたり、妊娠のじゃまになっている場合は治療を考えます。治療はメスを使った外科的手術が一般的ですが、近年は体にメスを入れずに治療ができる方法が広がってきました。それぞれの治療にメリット・デメリットがあるため、自分に合った治療法を選びましょう。
アモルクリニック 児島孝久 医師

プロフィール

1974年熊本大学医学部卒業。虎の門病院内科・外科・産婦人科勤務を経て、モナーシュ大学IVF研究留学。94年アモルクリニック開業。



Q&A一覧

日帰り治療が可能なFUSは誰でも受けられますか?

A3を見る/閉じる

筋腫の場所や大きさなどの条件が合えば受けられます。

●痛み・副作用がほとんどなく、日帰り治療が可能

FUSは神経がない筋腫だけを超音波ビームで焼く治療法です。熱や痛みを感じることなく治療ができるため、日帰りが可能で、翌日から通常の生活に戻れます。

FUS治療が受けられるかどうかをみるには、MRIの画像で筋腫のできている場所、大きさ、個数、筋腫のタイプ(血流が多い・少ない)などをみて判断します。FUS治療を希望しても、条件が合わないと受けられないこともあります。

FUS治療とは


Q&A一覧



児島医師のクリニック

アモルクリニック

児島孝久 院長

神奈川県横浜市港北区新横浜3-20-3-7F
TEL 045-475-1000
アクセス JR・市営地下鉄 新横浜駅 徒歩5分
URL http://www.amor-clinic.jp/

アモルクリニック

児島医師の他の記事

 

医療機関向け マイクリニック ホームページ作成サービス

モバイル MyClinic

健康サラダ