切らずに治す 子宮筋腫

アモルクリニック 児島孝久 医師

子宮温存と筋腫の根治を目指す「切らない治療法」
子宮筋腫は良性の腫瘍なので、症状がなければ定期的に経過を見れば特に問題はありません。ただし、月経痛や出血量が多い過多月経、貧血などの症状を伴っていたり、妊娠のじゃまになっている場合は治療を考えます。治療はメスを使った外科的手術が一般的ですが、近年は体にメスを入れずに治療ができる方法が広がってきました。それぞれの治療にメリット・デメリットがあるため、自分に合った治療法を選びましょう。
アモルクリニック 児島孝久 医師

プロフィール

1974年熊本大学医学部卒業。虎の門病院内科・外科・産婦人科勤務を経て、モナーシュ大学IVF研究留学。94年アモルクリニック開業。



Q&A一覧

子宮全摘を勧められました。全摘以外の治療の選択肢はありますか?

A2を見る/閉じる

自費診療を含めれば、切らずにすむ治療法はあります。

●外科的手術-子宮全摘術・核出術-(保険適応)
従来の一般的な外科的手術は、メスを使って子宮全体を摘出するか、あるいは筋腫だけを摘出するかの開腹手術です。
子宮筋腫は再発することが多いために、妊娠を希望していない場合は子宮全摘を勧められがちです。妊娠を希望している場合は、筋腫だけを摘出する核出術を勧められることが一般的です。
子宮全摘も核出術も10日~2週間程度の入院が必要で、通常の生活に戻るのに約1ヵ月かかります。費用は健康保険が使え、20~30万円です。
●外科的手術-腹腔鏡手術-
また開腹しない手術法として、腹腔鏡手術があります。腹腔鏡手術はお腹を切らずに穴を開け、筋腫をちぎって取り出します。筋腫の大きさや医師の技術的なレベルなどの条件が整うことが必要で、どこででもできる手術ではありません。
腹腔鏡手術は開腹手術に比べるとからだの負担は軽く、入院するのは1週間前後です。
●外科的手術-子宮鏡手術-
さらに、開腹しない手術法として子宮鏡手術があります。子宮鏡手術は膣から器具を入れ、子宮内膜に突出した部分の筋腫だけを削り取ります。
子宮鏡手術は治療可能な筋腫の大きさや場所が限られるため、誰もが受けられる治療ではありません。また筋腫の一部しか取れないことが多く再発しやすいです。
子宮を傷つけずに温存する「切らない治療法」
UAE治療・FUS治療・開腹手術の違い


Q&A一覧



児島医師のクリニック

アモルクリニック

児島孝久 院長

神奈川県横浜市港北区新横浜3-20-3-7F
TEL 045-475-1000
アクセス JR・市営地下鉄 新横浜駅 徒歩5分
URL http://www.amor-clinic.jp/

アモルクリニック

児島医師の他の記事

 

医療機関向け マイクリニック ホームページ作成サービス

モバイル MyClinic

健康サラダ