切らずに治す 子宮筋腫

アモルクリニック 児島孝久 医師

子宮温存と筋腫の根治を目指す「切らない治療法」
子宮筋腫は良性の腫瘍なので、症状がなければ定期的に経過を見れば特に問題はありません。ただし、月経痛や出血量が多い過多月経、貧血などの症状を伴っていたり、妊娠のじゃまになっている場合は治療を考えます。治療はメスを使った外科的手術が一般的ですが、近年は体にメスを入れずに治療ができる方法が広がってきました。それぞれの治療にメリット・デメリットがあるため、自分に合った治療法を選びましょう。
アモルクリニック 児島孝久 医師

プロフィール

1974年熊本大学医学部卒業。虎の門病院内科・外科・産婦人科勤務を経て、モナーシュ大学IVF研究留学。94年アモルクリニック開業。



Q&A一覧

検診で子宮筋腫があるといわれました。治療したほうがいいですか?

A1を見る/閉じる

症状がある場合や妊娠のじゃまになっている場合は治療したほうがよいでしょう。

●子宮内膜にある筋腫は症状が強い
子宮筋腫はできている場所によって症状の強さが違います。一般的に子宮内膜に影響を与えている場合は、月経量や月経痛がひどくなります。一方、子宮の外側に育つ筋腫は月経を伴う症状が無かったり、あるいは症状が軽いために気がつかないことが少なくありません。
症状の強さは、筋腫の大きさよりもできる場所による影響が強く、子宮内膜に近い場合はたとえ1~2cmの小さな筋腫でも強い症状を引き起こす場合があります。
症状が強くなり、QOL(生活の質)を落とすようなら、治療を考えたほうがいいでしょう。
●妊娠を希望する場合は、症状がなくても治療が必要

子宮は本来、鶏卵くらいの大きさの臓器であるため、内膜に突出した筋腫は受精卵の着床のじゃまになります。また子宮本体以上の大きな筋腫がいくつもある場合は、胎児の成長や出産の妨げになり、流産や早産の原因になります。
妊娠を希望するのであれば、筋腫が見つかったら症状にかかわらず、治療が必要かどうかを診てもらうとよいでしょう。

なお、子宮筋腫は30~40歳代の女性に多くみられますが、初潮の低年齢化や晩婚化、出産数の減少によって筋腫や内膜症が進行しやすくなり、それらの疾患で悩む人も多くなっています。
検診も欠かさずに受けることが大切です。

子宮筋腫の治療の選択肢


Q&A一覧



児島医師のクリニック

アモルクリニック

児島孝久 院長

神奈川県横浜市港北区新横浜3-20-3-7F
TEL 045-475-1000
アクセス JR・市営地下鉄 新横浜駅 徒歩5分
URL http://www.amor-clinic.jp/

アモルクリニック

児島医師の他の記事

 

医療機関向け マイクリニック ホームページ作成サービス

モバイル MyClinic

健康サラダ