鼻のアレルギーの悩み

アレジオ銀座クリニック 呉孟達 医師

マイクリニックのアドバイス
アレルギー性鼻炎の治療は一見簡単そうに感じられますが、実に奥の深いものです。また、命との関わりあいが少ないだけに、往々にしてその治療は見過ごされがちとなります。しかし、様々な鼻炎症状からもたらされる心身へのストレスや有害事項などは、正に生活の品質を脅かす元凶ともいえます。実際に花粉症による個人や社会の経済的損失は、何と年間数千億円にも上る規模となっています。然るべき検査に基づいた適切な治療を積極的に取り組むことは、治療側にとっても患者側にとっても大きな責務と考えられるでしょう。
アレジオ 銀座 クリニック 呉孟達 医師

プロフィール

1994年愛知医科大学大学院修了(医学博士)。愛知医科大学メディカルクリニックにて東洋医学外来開設。平成20年「アレジオ 銀座 クリニック」を開設。愛知医科大学客員教授。 



Q&A一覧

なぜ鼻の粘膜を残すのですか?

A4を見る/閉じる

鼻の粘膜は、身体の防御機構の中でも大切なものだからです。

鼻粘膜は、身体の防御機能 鼻の粘膜は、身体と外界との門番の働きをしています。吸い込んだ空気の温度が高すぎたり湿り気が少なかったり、あるいはばい菌が入っていたりすると、肺に大きな負担を与えてしまいます。鼻の粘膜は、空気の入り口の部分で 湿度と温度の調整、そしてばい菌の除去をしているデリケートでとても大切な器官なのです。つまり鼻の粘膜は、身体の内と外との間にあって、肺のために空気を整えて防御する門番の働きをしているのです。ウイルスや細菌など異物の排除も鼻粘膜にしかできない仕事です。粘膜が傷ついたり、粘膜の機能が破たんしてしまうと、鼻粘膜が腫れ空気の通りが悪くなるため、鼻炎になったり、それをそのまま放置してしまうと呼吸の機能や効率が低下し、咽喉頭炎や気管支炎を併発したりします。それがさらに進むと、いびきや、睡眠時無呼吸の発生の原因となってくるのです。
従来の粘膜切除やレーザーの治療などでは、この非常に大事な鼻の粘膜も犠牲にしていました。今までのレーザー治療では一時的には症状が抑えられますが、しばらくすると、かえって今までよりもひどいアレルギー症状に悩まされる患者さんも多いのです。鼻が持つ身体防御機能、すなわち粘膜による湿度と温度の調整や、ばい菌の除去の機能が損なわれてしまうからです。鼻の粘膜の抵抗力や免疫力が損なわれることは、鼻風邪や慢性気道炎を引き起こす原因にもなります。
アレルギー性鼻炎の方にとって、一時的な鼻症状の解消だけでは、決して治療のゴールが見えてきません。自分自身の生活のあり方や、長い目で見た健康づくりのプランニングを踏まえながら、納得のいく治療法を選択すべきでしょう。アレルギー性鼻炎の新しい治療法であるAlleGO療法は、一般の内服薬やレーザーなどの治療の短所を克服しつつ、アレルギー反応を抑えるという目的を達成できる治療法です。従来の治療を受けてきたけれど治療経過は芳しくない、また、レーザーで鼻腔を焼くのには抵抗があるという方は、ぜひアレジオ銀座クリニックにてご相談されることをお勧めします。


Q&A一覧



呉孟達医師のクリニック

アレジオ銀座クリニック

呉孟達 院長

東京都中央区銀座2-11-15 SF銀座ビル7F
TEL 03-5148-1187
アクセス
 ・東京メトロ有楽町線『銀座一丁目駅』11番出口より徒歩1分
 ・東京メトロ日比谷線、都営浅草線『東銀座駅』A8出口より徒歩3分
 ・東京メトロ銀座線、東京メトロ日比谷線『銀座駅』A6出口より徒歩5分
診療科目 耳鼻いんこう科、漢方内科、疼痛緩和内科
URL http://www.ginza-clinic.com/

呉孟達院長

呉医師の他の記事

 

医療機関向け マイクリニック ホームページ作成サービス

モバイル MyClinic

健康サラダ