他人事じゃない?!
 男性の更年期障害

五本木クリニック 桑満おさむ 院長

女性だけの病気ではない更年期障害
これまで更年期は女性特有の病気と考えられてきましたが、最近、男性にも更年期障害としてさまざまな症状が現れることがわかってきました。認知度が低い男性の場合は、周囲になかなか理解されないため、ひとりで思い悩むことになってしまいます。ここで男性の更年期障害について正しく知り、不安に思った時はすぐに対処できるようにしておきましょう。
五本木クリニック 桑満おさむ院長

プロフィール

昭和61年、横浜市立大学医学部卒業後、同大学病院泌尿器科に勤務。
平成9年2月に五本木クリニックを開院。目黒区医師会がん検診委員長、目黒区医師会地域医療公衆衛生委員、日本メンズヘルス医学会員。



Q&A一覧

どんな治療をするの?

A3を見る/閉じる

ホルモン補充療法のほか、漢方薬やバイアグラなどの勃起改善薬が処方される場合もあります

●検査結果により、それぞれに合った治療法が用いられます
現在は男性ホルモンの注射による補充療法が一般的です。このほか、漢方薬や、勃起機能低下を改善する勃起改善薬(バイアグラ、シアリス、レビトラなど)を処方する場合や、それぞれを組み合わせて治療していく場合もあります。ただし、ホルモン補充療法は、前立腺がん、前立腺肥大症、女性化乳房などの副作用を引き起こす可能性もあります。また前立腺がん治療中の方や重度の前立腺肥大の方、重度の肝機能障害のある方、重度の睡眠時無呼吸症候群の方はこの治療を受けることができません。
検査の流れ
検査や治療でかかる、おおよその費用
●生活改善のススメ
男性更年期障害はストレスが大敵です。とにかく楽しいことを見つけて、それを実行することをおすすめします。緊張からリラックスへと気持ちのモードを切り替えて、趣味やスポーツ、オシャレなどを楽しんでください。それと平行して睡眠をしっかりとる、軽い運動を取り入れる、タバコを控えるなど、生活習慣の改善も心がけるといいでしょう。それだけで体調がよくなったり、更年期症状が改善することもあるのです。


Q&A一覧

桑満おさむ院長

五本木クリニック

桑満おさむ 院長

東京都目黒区中央町2-18-14
TEL 0120-70-5929
アクセス 東急東横線「学芸大学」下車
徒歩6分(駐車場あり)
診療科目 内科、皮膚科、泌尿器科、美容皮膚科、美容外科・形成外科
URL http://www.gohongi-clinic.com/

マイクリニック

桑満おさむ院長の他の記事



医療機関向け マイクリニック ホームページ作成サービス

モバイル MyClinic

健康サラダ