他人事じゃない?!
 男性の更年期障害

五本木クリニック 桑満おさむ 院長

女性だけの病気ではない更年期障害
これまで更年期は女性特有の病気と考えられてきましたが、最近、男性にも更年期障害としてさまざまな症状が現れることがわかってきました。認知度が低い男性の場合は、周囲になかなか理解されないため、ひとりで思い悩むことになってしまいます。ここで男性の更年期障害について正しく知り、不安に思った時はすぐに対処できるようにしておきましょう。
五本木クリニック 桑満おさむ院長

プロフィール

昭和61年、横浜市立大学医学部卒業後、同大学病院泌尿器科に勤務。
平成9年2月に五本木クリニックを開院。目黒区医師会がん検診委員長、目黒区医師会地域医療公衆衛生委員、日本メンズヘルス医学会員。



Q&A一覧

どんな人が更年期障害になりやすい?

A2を見る/閉じる

仕事ができる人や責任感の強いまじめな人など、常にストレスにさらされている人は要注意!

●こんな人は更年期障害になりやすい
仕事ができる人や責任感強いまじめな人、几帳面な人は、更年期障害になりやすい資質を持っているといえます。このタイプは立場や性格から、多大なるストレスにさらされる機会が多いので要注意です。また、より男性らしい人、攻撃的な人など、元々男性ホルモン(テストステロン)の分泌が多い人は、更年期に入り男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減ることで、症状がでやすい傾向にあります。
このほか、以前は激しい運動をしていたのにやめてしまった人、メタボリックシンドロームと診断されている人も更年期障害になりやすいといわれています。
●男性ホルモン値低下のほか、ストレスも原因のひとつ
年齢とともに減少する男性ホルモン(テストステロン)値が低下することで、さまざまな症状が現れる病気といわれますが、それだけが原因ではではありません。これに仕事や家庭でのストレスが加わり、症状が顕著になってきます。若い時は男性ホルモン(テストステロン)値が高いのでストレスに打ち勝てたのですが、年とともに体力や男性ホルモン値が低下し、ストレスに勝てなくなり、精神状態が不安定になってくるのです。
男性の更年期障害の発症を引き起こす要因
●自分が更年期障害かどうか調べるには
男性の場合、男性機能の低下、精神症状が出やすいことが特徴。ですから簡単にいってしまえば、集中力が続かない、イライラするといった精神症状に加え、ED(勃起不全)であれば更年期障害の可能性が高いといえます。しかし、自己診断するのは危険ですので、泌尿器科で検査して、しっかりと診断してもらいましょう。


Q&A一覧

桑満おさむ院長

五本木クリニック

桑満おさむ 院長

東京都目黒区中央町2-18-14
TEL 0120-70-5929
アクセス 東急東横線「学芸大学」下車
徒歩6分(駐車場あり)
診療科目 内科、皮膚科、泌尿器科、美容皮膚科、美容外科・形成外科
URL http://www.gohongi-clinic.com/

マイクリニック

桑満おさむ院長の他の記事



医療機関向け マイクリニック ホームページ作成サービス

モバイル MyClinic

健康サラダ